抜歯の後はドライソケットに要注意

ドライソケットを防ぐには何をすればいい?

>

ドライソケットの対処法

自分でできる対処法

(1)痛み止めを服用する
ドライソケットは強い痛みが生じます。無理をせず痛み止めを内服するようにしましょう。
市販の痛み止めでも問題はありませんが、抜歯時に処方された痛み止めを内服した方が良いでしょう。
抗生物質が処方されている場合は、忘れず処方通りに内服し続けてください。
このときに出される抗生物質は、治りきっていない患部の感染を予防するために処方されているため、出血や痛みの有無に関係なく飲み切りましょう。

(2)身体を休めるようにする
抜歯など身体に負担がかかる治療が行われたときは、しっかり休養をとって無理をしないことが大切です。
血餅が剥がれてしまい再出血してしまった場合は、血が止まるまで安静に過ごし少しでも身体への負担を減らしましょう。
親知らずの治療行うときは、しっかり休養を取ることができるよう予定を予め調整しておくという工夫も必要です。

放置したときに起こりうること

(1)急性歯槽骨炎(きゅうせいしそうこつえん)
激しい痛みが引き起こされたのちに、急性歯槽骨炎を起こす可能性があります。
歯槽骨は歯を支えている骨のことです。この骨がドライソケットにより急な炎症を起こした状態のことをいいます。
さらにこれを放置すると、骨の一部が壊死(えし)してしまうこともあります。
顎の骨が壊死してしまうと外科手術が必要となるため、対処は早めに行う必要があります。

(2)蜂窩織炎(ほうかしきえん)
ドライソケットから周りに炎症が広がる状態のことをいいます。
広範囲に炎症が起こり、激しい痛みを伴うのが特徴です。
また熱やだるさなどの風邪に似た症状も引き起こします。

(3)歯茎形成の悪化
ドライソケットを放置し炎症を起こすと、歯茎の形成が悪くなることがあります。
インプラント治療の際には歯茎の状態は非常に重要であるため、抜歯後にインプラントを考えている方は注意しましょう。